楽しく学ぼう!『想続塾』家族の絆を深める『想いの想続』を!

想続Q&A

夫が亡くなりました。子供はいません。夫の両親もすでに他界しています。夫の財産は、妻である私が全て相続してよいのですよね?

夫の兄弟姉妹(あなたの義理の兄弟姉妹)も、相続人になります。

解説:

ご質問のように、子供がいない夫婦の場合、夫の相続人は、妻である自分だけだと思っている方が、相当いらっしゃいます。ご夫婦お二人で築いてきた財産について、夫の兄弟姉妹にまで相続する権利があるとは、まさか思わないですよね。

しかし法律上は、配偶者と兄弟姉妹が相続人になる場合の法定相続分は、配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4なのです。

もし、兄弟姉妹が先に亡くなっている場合には、どうなるのでしょうか。

その場合には、兄弟姉妹の子(おい・めい)が代襲相続人として相続人となります。

仮に、夫の残した主な財産がマイホームだけだったとしても、兄弟姉妹にも法定相続分があるため、万が一、兄弟姉妹が相続の権利を主張してきた場合には、マイホームを処分して一定の財産を渡さなければならないという最悪の事態もありうるわけです。

これを避けるためには、夫婦がお互いに遺言書を作成することです。

「妻(夫)にすべての財産を相続させる」という遺言書をつくっておけばOKです。

兄弟姉妹には遺留分がないため、このような遺言書をつくっておけば、全財産を配偶者に相続させることができます。

なお、遺言書というと、高齢になってからつくるものというイメージがありますよね。

しかし、結婚したばかりで、まだ子供がいない夫婦や、DINKSで子供をつくる予定がない若い夫婦も、同様に遺言書をつくっておく必要があります。

遺言書がないと、相続が発生したときに、夫(妻)の兄弟姉妹にも相続の権利が生じてしまいます。

考えたくはないけれど、若くして病気や事故で命を落とすこともありうるのです。

ですから、婚姻届を出したら、次は夫婦で遺言書をつくりましょう。

遺言は、遺書とは違います。

遺言は元気なうちにつくるものです。

そして、家族や財産の状況が変わったら、そのつど内容を見直しましょう。
月刊ニュースレター「相続」の申込はこちらから
お名前:
E-mail:

WHAT'S NEW

2016年3月2日
2016年3月度 第59回 想続塾 「相続」を円滑に進め、「想続」に寄り添う生命保険の活用法の募集を開始しました。
2015年12月4日
2016年1月度 第58回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年10月20日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」のお客様の声を更新しました。
2015年9月7日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」の募集を開始しました。
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」のお客様の声を更新しました。
2015年8月11日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.46(2015.08)平和について(その4)
2015年8月1日
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」の募集を開始しました。
2015年6月26日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」のお客様の声を更新しました。
2015年5月29日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.45(2015.05)悲しみの分かち合い〜公正な税制を求めて
2015年5月4日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」の募集を開始しました。
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」のお客様の声を更新しました。
2015年3月9日
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年2月度 第53回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~遺言」のお客様の声を更新しました。
  • facebookページ:内田麻由子
  • facebookページ:社団公式ページへ