楽しく学ぼう!『想続塾』家族の絆を深める『想いの想続』を!

想続Q&A

夫が亡くなりました。1人息子はまだ中学生です。夫がのこしてくれた財産は、妻である私がすべて相続してもよいのでしょうか?

遺産分割の手続きをしなければ、相続財産の名義変更はできません。

相続人が未成年の場合には、まず家庭裁判所に「特別代理人」の選任の申し立てをしなければならず、手間と時間がかかります。

        

解説:

まだお子さんが小さいので、相続の手続きには関係ないと思ってしまうのも、無理はありません。

しかし、法律上はお子さんも相続人になるため、遺産分割の手続きを経なければ、相続財産の名義変更もできないのです。

通常は、未成年者の親権者である親が法定代理人として協議することになります。しかしご質問の場合には、あなたとお子さんの利益がぶつかるため(これを利益相反といいます)、あなたはお子さんの法定代理人にはなれません。

そこで、家庭裁判所に行って、お子さんの「特別代理人」の選任の申し立てをする必要があります。そして、選任された特別代理人と協議のうえ、遺産分割協議書をつくることになります。

もちろん、妻であるあなたがすべての財産を相続してもよいし、お子さんに財産の一部を相続させておくこともできます。

このように、お子さんが未成年のうちに相続がおきてしまうと、大変面倒な手続きが必要となってしまいます。

これを避けるためには、夫婦がお互いに遺言書を作成することです。

「妻(夫)にすべての財産を相続させる」という遺言書をつくっておけばOKです。

なお、遺言書というと、高齢になってからつくるものというイメージがありますよね。

しかし実は、結婚したばかりでまだ子供がいない夫婦や、未成年の子供がいる夫婦も、遺言書をつくっておいたほうがよいのですね。

遺言書がないと、子供がいない夫婦の場合には、夫(妻)の兄弟姉妹にも相続の権利が生じてしまいます。

また子供が未成年の場合には、前述したとおり家庭裁判所で手続きをする必要が生じます。

考えたくはないけれど、若くして病気や事故で命を落とすこともありうるのです。

ですから、婚姻届を出したら、次は夫婦で遺言書をつくりましょう。

遺言は、遺書とは違います。

遺言は元気なうちにつくるものです。

そして、家族や財産の状況が変わったら、そのつど内容を見直しましょう。
月刊ニュースレター「相続」の申込はこちらから
お名前:
E-mail:

WHAT'S NEW

2016年3月2日
2016年3月度 第59回 想続塾 「相続」を円滑に進め、「想続」に寄り添う生命保険の活用法の募集を開始しました。
2015年12月4日
2016年1月度 第58回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年10月20日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」のお客様の声を更新しました。
2015年9月7日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」の募集を開始しました。
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」のお客様の声を更新しました。
2015年8月11日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.46(2015.08)平和について(その4)
2015年8月1日
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」の募集を開始しました。
2015年6月26日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」のお客様の声を更新しました。
2015年5月29日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.45(2015.05)悲しみの分かち合い〜公正な税制を求めて
2015年5月4日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」の募集を開始しました。
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」のお客様の声を更新しました。
2015年3月9日
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年2月度 第53回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~遺言」のお客様の声を更新しました。
  • facebookページ:内田麻由子
  • facebookページ:社団公式ページへ