楽しく学ぼう!『想続塾』家族の絆を深める『想いの想続』を!

想続Q&A

長男の嫁として義父母と同居し、長い間、義父を介護してきました。亡くなった義父の遺産をもらうことはできるのでしょうか?

残念ながら、相続人ではないため、遺産を相続する権利はありません。

介護などの特別の寄与があった場合には「寄与分」という制度がありますが、認められるのは相続人に限られます。

解説:

相続人のなかに、亡くなった人の介護をしたり、事業を手伝っていた人がいる場合には、相続分を多くもらえる「寄与分」という制度があります。

ただし、該当者は相続人のみですので、ご相談のように、嫁が介護をしたり事業を手伝ったりしても、遺言がなければ財産をもらうことはできないのです。

ですので、このような事情があるときには、前もって遺言によって配慮してもらいましょう。相続人以外に財産を遺す場合には、「相続させる」ではなく「遺贈する」と書きます。

しかし、介護を受ける状態になってしまってからでは、遺言をつくるだけの意思能力がないことが多いのですね。遺言は、元気なうちにつくるものなのです。

あるいは、嫁を養子にしておけば、相続人として遺産を相続することができます。

ただし、ほかの相続人にも納得してもらった上で、手続きを進めましましょう。

ご相談のように、遺言がない場合には、兄弟でよく話し合って、夫である長男が多めに相続するという方法もあるでしょう。

では、相続人である子が介護した場合には、どのように寄与分を考慮するのでしょうか。

具体例でみてみましょう。

相続人は、母、長男、長女とします。相続財産は7000万円です。

長男の寄与分は1000万円とします。

相続財産7000万円-寄与分1000万円=6000万円

長男の相続分=6000万円×1/4+寄与分1000万円=2500万円

長女の相続分=6000万円×1/41500万円

母の相続分 =6000万円×1/23000万円

寄与分の金額は、相続人が協議して決めます。しかし現実問題として、寄与分をいくらで評価するのか、金額に換算するのは難しく、これが原因でもめることは多くあります。

どうしても話し合いがつかない場合には、家庭裁判所で決めてもらうことになりますが、それもなかなか簡単にはいきません。

なお、介護にかかった費用は、きちんと記録しておきましょう。

ほかの兄弟から「本当にそんなに介護にお金がかかったのか」などと言われて愕然とした、という話もあります。

月刊ニュースレター「相続」の申込はこちらから
お名前:
E-mail:

WHAT'S NEW

2016年3月2日
2016年3月度 第59回 想続塾 「相続」を円滑に進め、「想続」に寄り添う生命保険の活用法の募集を開始しました。
2015年12月4日
2016年1月度 第58回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年10月20日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」のお客様の声を更新しました。
2015年9月7日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」の募集を開始しました。
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」のお客様の声を更新しました。
2015年8月11日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.46(2015.08)平和について(その4)
2015年8月1日
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」の募集を開始しました。
2015年6月26日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」のお客様の声を更新しました。
2015年5月29日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.45(2015.05)悲しみの分かち合い〜公正な税制を求めて
2015年5月4日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」の募集を開始しました。
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」のお客様の声を更新しました。
2015年3月9日
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年2月度 第53回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~遺言」のお客様の声を更新しました。
  • facebookページ:内田麻由子
  • facebookページ:社団公式ページへ