楽しく学ぼう!『想続塾』家族の絆を深める『想いの想続』を!

想続Q&A

妻へ結婚20年のプレゼントとして、現金か自宅の持分を贈与したいと考えています。現金と自宅では、どちらを贈与したほうがトクなのでしょうか?

自宅の持分を贈与したほうがトクです。

解説:

贈与税には、「贈与税の配偶者控除」という制度があります。

この制度は、婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者からのマイホームの贈与については、通常の110万円の基礎控除額に2000万円をプラスした、2110万円までは、贈与税がかからないというものです。

例えば、評価額4000万円のご自宅であれば、持分の1/22000万円)を、贈与税なしで、夫から妻へ贈与することができます。(ただし住宅ローンが残っている場合には、注意が必要です。)

贈与する財産は、マイホームまたはマイホーム購入資金に限ります。

マイホーム購入資金を贈与する場合には、贈与を受けた翌年315日までにマイホームを購入して居住し、それ以後も住み続ける見込みであることが必要です。

この制度は、あくまでもマイホームの贈与が対象ですので、たとえば贈与を受けた現金で賃貸用不動産を購入しても、この特例は使えません。

また、この制度を使って、自宅を夫婦の共有持分にしておくと、所得税の節税になる場合があります。

それは、将来、自宅を売却したときに、所得税の特例である「居住用財産の3000万円特別控除」を、夫婦それぞれで使うことができるためです。

したがって、将来、自宅を買い換える予定があるご夫婦は、あらかじめ「贈与税の配偶者控除」を使って自宅の持分を妻に贈与してから買い換えるということも、検討してみるとよいでしょう。

では、この特例は、相続税の節税対策になるのでしょうか?

相続税には、「配偶者の税額軽減」という制度があります。

配偶者については、法定相続分までは、いくら相続をしても相続税はかかりません。また法定相続分を超えても16千万円までは、相続税はかかりません。

また、自宅の敷地については、「小規模宅地の特例」という特例もあります。

自宅を配偶者が相続する場合には、240㎡までの自宅敷地については、相続税の評価額を80%減額できるという特例です。例えば1億円の評価額の土地は、2千万円の評価でよいことになります。

したがって、ほとんどの配偶者は、自宅を相続しても、相続税の心配はいらないのです。

なお、「贈与税の配偶者控除」を利用して、夫から妻へ自宅持分を贈与すると、次に妻が亡くなったとき(二次相続)の相続税が増えてしまうこともありますので、注意する必要があります。二次相続のことまで考えて、相続対策をしましょう。

月刊ニュースレター「相続」の申込はこちらから
お名前:
E-mail:

WHAT'S NEW

2016年3月2日
2016年3月度 第59回 想続塾 「相続」を円滑に進め、「想続」に寄り添う生命保険の活用法の募集を開始しました。
2015年12月4日
2016年1月度 第58回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年10月20日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」のお客様の声を更新しました。
2015年9月7日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」の募集を開始しました。
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」のお客様の声を更新しました。
2015年8月11日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.46(2015.08)平和について(その4)
2015年8月1日
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」の募集を開始しました。
2015年6月26日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」のお客様の声を更新しました。
2015年5月29日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.45(2015.05)悲しみの分かち合い〜公正な税制を求めて
2015年5月4日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」の募集を開始しました。
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」のお客様の声を更新しました。
2015年3月9日
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年2月度 第53回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~遺言」のお客様の声を更新しました。
  • facebookページ:内田麻由子
  • facebookページ:社団公式ページへ