楽しく学ぼう!『想続塾』家族の絆を深める『想いの想続』を!

想続Q&A

父が介護付き有料老人ホームに入居することになり、父が現在住んでいる家を、私がもらうことになりました。まだ住宅ローンが残っているので、私がローンを引き継いで返済していきます。この場合、贈与された家の評価は、どうなるのでしょうか?

贈与時の時価である売買価格から、ローンの残額を差し引いた金額で評価します。

解説:

通常、不動産を贈与されたときの贈与税の評価方法は、路線価や固定資産税評価額をもとに計算します。

しかし、今回のご相談のように、債務(ローン)と共に不動産の贈与を受ける場合には、路線価や固定資産税評価額をもとにした金額ではなく、「贈与時の時価である売買価格」で評価します。そして、その「贈与時の時価である売買価格」から、「ローンの残額」を差し引いた金額が、贈与税の評価額となります。

具体的な数字でみてみましょう。

贈与時の売買価格(時価) 4000万円

固定資産税評価額     3000万円

贈与時のローンの残額   2500万円

だとします。

贈与税の評価額=贈与時の売買価格(時価)4000万円-ローン残額2500万円=1500万円

です。

暦年課税制度の場合には、1500万円に対する贈与税は、470万円になります。

相続時精算課税制度を選択している場合には、1500万円に対する贈与税は、ありません。

このように、プラスの財産とマイナスの財産(負債)をセットで贈与することを、「負担付贈与」といいます。

なお、負担付贈与の場合は、贈与した親にも、譲渡所得税がかかる場合があります。ローンを支払う必要がなくなったということは、すなわち、ローンの残債相当額で、あなたに家を売却したとみなされるためです。
月刊ニュースレター「相続」の申込はこちらから
お名前:
E-mail:

WHAT'S NEW

2016年3月2日
2016年3月度 第59回 想続塾 「相続」を円滑に進め、「想続」に寄り添う生命保険の活用法の募集を開始しました。
2015年12月4日
2016年1月度 第58回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年10月20日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」のお客様の声を更新しました。
2015年9月7日
2015年10月度 第57回 想続塾 「相続する親の自宅をどうするか?~実家の相続で失敗しない方法」の募集を開始しました。
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」のお客様の声を更新しました。
2015年8月11日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.46(2015.08)平和について(その4)
2015年8月1日
2015年8月度 第56回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~贈与税編」の募集を開始しました。
2015年6月26日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」のお客様の声を更新しました。
2015年5月29日
月刊「想続」のバックナンバーを更新しました 月刊「想続」Vol.45(2015.05)悲しみの分かち合い〜公正な税制を求めて
2015年5月4日
2015年6月度 第55回 想続塾 「親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと~看取りと葬儀の心得」の募集を開始しました。
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」のお客様の声を更新しました。
2015年3月9日
2015年4月度 第54回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~相続税編」の募集を開始しました。
2015年2月度 第53回 想続塾 「ふつうのお宅の相続対策ABC ~遺言」のお客様の声を更新しました。
  • facebookページ:内田麻由子
  • facebookページ:社団公式ページへ